カリブの日記

車の事や秩父の事を書いています。

カテゴリ:日々の出来事 > M子

cropPAK72_kawamurasalon15220239


新型コロナウィルスが日本全土を震え上がらせているある日の午後
僕が雇われ副社長をしている会社から呼び出しがありました。

このブログには最近登場していませんが、M子社長の会社からです。
M 子社長もすっかり社長の椅子が似合うようになり、それより女っぽくなった?(笑)

社長と僕がいつ結婚するのか、社内では噂になっているそうだが、当人同士は
全くそんな話さえしたことがないのです。

「あなた、今の状況をどう思う?」と僕の顔を見るといきなり切り出された。
「心配なのは営業の人間ですよ」「客先に訪問してもいい顔されませんよ」
「そうよね。私も同じこと考えていたのよ」

「間接部門はテレワークだから心配ないけど、
営業の人が会社の業績を担っているんだものね」
「私考えがまとまらなくてあなたに来てもらったの」

「役員はなんといってるの?」
「役員じゃなくてあなたの意見が聞きたいのよ」
「そんな怖い顔しなくても」

「呑気ね、あなたこの会社の副社長なのよ」
「前は何でもアドバスしてくれたのに、ひどいわ」
「だって、もう一人前の社長さんじゃないですか。だから、お任せししているのに」
「もう、」怒るとフグのように頬を膨らませるのは全く変わってない。

「僕が思うのは冒険すぎるかも知れないけど、営業の人間は出社しても
客先への訪問は禁止にしましょうよ」
「今の時代、電話もネットも使えるし、客先へ行かなくとも社内で十分仕事はできますよ」

もし、出歩いていてコロナ感染でもしたら彼らの家族に迷惑がかかるし、
他の社員に感染するかもしれないし、お客様にも迷惑が掛かります。

「業績は落ちるかも知れませんが、彼らは皆営業のプロです」
「彼らを信じて今すぐにでも通達を出してください」

「わかったわ、明日の朝あなたの口から皆に話してちょうだい」
「でも、役員の皆さんには」「いいの、これはあなたと私で決めた事なんだから、
役員には口出しさせないわ」

と、いうことで4月1日の年度初めのあいさつで、昨日決まった事を
朝礼の時発表したのです。

「皆さんは本日より、外出禁止です」ピーンと張りつめた空気が一瞬固まった感じがした。

「こんな状況の中、会社の運命を担っていくのは皆さんの力にかかっています」
「私は皆さんと皆さんの家族を守らなくてはならないのです」
「いいですか?そのためには皆さんを外に出すことができないのです」
「皆さんがコロナウィルスに感染でもしたら、皆さんの家族はどうなると思いますか?」
「これは日本にとっても会社にとっても緊急事態なのです」

「でも、正直な事を言うと業績は落としてほしくありません」
「矛盾しているとお思いでしょうが、皆さんは社長と私がこの会社に就任した時、
特別に選んだ営業のプロ集団です」
「外に行かなくとも業績は落とさないで仕事のできる人た達です。」
「私は皆さんと皆さんの家族は絶対守ります」「よろしくお願いします」

こんな内容の話を営業の皆に話したのです。
営業部長は顔を真っ赤にして何か言いたそうだったけど、
僕は目を合わせませんでした。

当然のように役員達からは袋叩きにあった。
「役員会も開かないで2人だけで決めるのはおかしい」
「これでは、役員の意味がない」「業績が落ちたらどう責任を取るつもりなんだ」

営業マンの命は誰が守るんですか?あなた達が代わりに営業をしてくれますか?
他人のやった事に文句を言う前にご自分達で社員の安全を考えてください。
これ以上の選択肢があるなら教えてほしい。
と捲し立てると皆黙ってしまった。

こんなやり方は決して良くないのはわかっているけど、
M子社長の困った顔は見たくないし、役員会なんぞやってる時間もなかったのです。

「あなた、やったわね。何年か前の人事改革以来だわ」
「やっぱり、あなたがいると安心して仕事が出来るわ」とM子社長は言ってたけど
僕のこの会社での仕事は社長のサポートと役員からの憎まれ役なのです。

どんな窮地に陥ってもこの会社を守ってみせる。
そして、社員とその家族は絶対に守ってやる。

ちょっと気合が入りすぎてしまったけど、
M子社長の安心した顔だけがご褒美かな・・・・・。





YUKA863_korekore15202501_TP_V


今年の仕事始めは波乱の幕開けだったが、会長は副社長がクーデターを起こしたと
役員たちに話しているそうです(笑)

連日の面談でM子社長も僕もクタクタです。

来週末には人事の発表をしなくてはならないので、人事選考も大詰めに入っています。
昼食は毎日M子社長のお付が手配してくれた出前弁当を食べていたのだけど、
M子社長が「もう、弁当は飽きた」って言ったら、
今日は「まい泉」のカツサンドが届けられた。
な、わけで、本日の昼食はカツサンドとコーヒーをM子社長と僕とお付の女性3人で
頂くことに・・・・。

このお付の女性の事は「M子社長の評判」でも書いたように、秘書課の専門学校を
を出た訳でもないのに、M子社長の手足として実に勤勉に業務をこなしています。
M子の話しだと、最初の頃、送迎車でM子の家まで迎えに行くと言ってたらしが、
そこまでやる必要はないとM子が断ったらしい。
M子社長もこの女性を気に入っており、この社員を正式な秘書として迎えるらしい。

昼食後何人かの面談を終え、最後に面談した古株の部長が
「新社長の方針はおかしい」と言い、こちらの話しを頑として
受け入れようとしないのです。

この人の部下達の話しだと、朝から競馬新聞ばかり見ているし、
相談事をすると話も聞かないで全て否定するし、
家でもめ事があると部下たちに当たり散らすなどして、どうしようもない人らしいのです。
おまけに某役員の太鼓持ちの1人らしいのです。

散々いじめられてきた部下達の思いも込めて淡々と話したつもりなのだけど、
最後は口調がきつくなってしまい、説得は出来たものの、普段の自分じゃないみたいで
終わってから落ち込んでしまいました。

「新社長と副社長は私を排除しようとしています」
「私だって生活があるし、降格なんて絶対できません」

「生活があるのは皆同じです」「しかし、ここは会社という組織なんです」
「組織の中で生きて行くには、上からの命令は絶対なのです」
「もし、会社の命令に従えないのであれば辞めて頂くしかありません」
「でも、私は会社を辞めろとは言っていません。
若い人達に道を譲ってください。と、言っているのです。
あなたがいると若い人が育ちません。
あなたは定年になって会社を辞めれば、それで終わりかも知れませんが、
会社はその後もずっと続けて行かなければならないのです」

「あなたは部下の事を考えたことがありますか?」
「ご自分の都合のいい事ばかり通そうとしないで、少しは部下達の事を考えてください。
ご自分だけよければいいと言う考え方は新体制なった今は通用しません」


「それに、あなたは今迄会社の為にどれだけの仕事をしてきたか、
ここで説明してください」
「あなたは何をやりましたか?部下の為にどれだけ尽力してくれましたか?」
「ご自分の都合の良い事しかしてこなかったですよね?」
「私は、何人もの人に、会社に何をしに来ているんですか?と質問しました」
「それに対して、まともに答えられた人は数人もいませんでした」
「答えられなかった人の多くは、毎日会社に行っていれば給料日になると
銀行口座に給料が振り込まれる。と、思っている人が大多数でした。
あなたもその仲間です」

「こうしている間にも時代は動いています。時代は流れているのです。
多くの人はその流れに逆らいながらも、身を任せているのが現実だと思います。
時代の流れに身を任せる事も必要なのだと思いませんか?
どうしても納得できないのであれば会社を辞めてください。
今迄のように自由気ままに生きられると思ったら大間違いです」

その部長は泣きそうな顔をして帰って行った。
僕みたいな若造に自分のプライドをズタズタに傷つけられ悔しいだろうけど、
今迄気付かなかった自分も悪いし、その事を見過ごしていた会社はもっと悪い。

こんな厳しい言い方する自分が嫌になってしまうのだけど、
会長が言ってるように、僕がクーデターを起こしたのだから仕方ないのです。

面談が終わり、疲れ切って社長室のソファーでボーっとしていると、
「ね~、人事が決まったら2人で温泉にでも行かない?」
「あなたも自分の仕事があって忙しいだろうけど、時間を空けてよ」と、M子が・・・・。

時代は流れているって、偉そうにさっきの部長には言ったけど
僕とM子の間にも時代が流れているのだろうか・・・・。
だって、2人の距離が少しづつ狭まっているような気がするのですよ。

これが普通なんですよね。 男と女なのですから・・・・。


にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ
にほんブログ村

ME_biz20160902550815.jpg

昨夜、僕が辞めさせようとしている役員から電話があった。
「君は僕が可愛がってる部課長諸君をいじめてくれたそうじゃないか。 
世代交代の時期だから、近い将来こうなるとは思っていたが、
仕事始めの日に爆弾を落とすなんて、君は失敬な男だ」って・・・・。

「何を言って言っているのですか?いい年をした大人が寄ってたかって新社長を
除け者にしたじゃないですか。これはM子社長の逆襲です」って言いたかったけど
電話を切られてしまった(笑)

きっと、僕から責められた部課長連中が、いつも慕っている役員に告げ口したに違いない。
まあね、面談で自分でも驚くほどきつい言葉を投げかけたものね。

「〇〇さん。貴方は毎日会社に何をしに来ているんですか?」
「毎日会社に来ていれば毎月給料がもらえると思ったら大間違いですよ」
「貴方は部下に仕事を押し付けてご自分では何もやってないじゃないですか」
「そんな毎日を過ごしていて恥ずかしいと思わないんですか?」
「家で子供さんから『パパいつもお仕事ご苦労様』なんて言われたら恥ずかしいでしょう?」
「偉そうにしているだけの部長は必要ありません」
「辞めろとは言いませんが、来月から一般職に戻って頂きます」

「〇〇課長、貴方はなぜ課長になれたかご存知ですか?
そう、役員の〇〇さんの親戚だからですよね。〇〇さんのゴリ押しで課長に
なれたんですよね?」「違いますか?」
〇〇役員はお辞めになりますので貴方も課長職を降りて頂きます。
私は貴方が憎くて言っているのではありません。
もっと、能力のある人を課長にしたいだけです」
「もし、これからもこの会社で仕事をするのなら、もっと質の高い仕事をしてください。
会社のためにもっと働いてください。今迄のように身内にしがみついていないで
自分の力で課長になってください」「新社長だって貴方に期待しているのですから」

役職にしがみついている人もいれば、そんな地位なんか必要ないと言う人もいました。
「〇〇さんは社内で一番の営業成績を上げていますが、何か不満はありますか?」
「不満はありません。好きな仕事をやらせてもらって感謝しています」
「〇〇さんはオシャレだし、女子社員からも人気ですよね」
「営業マンなら当たり前じゃないですか?女性に好かれなかったら営業職なんてできませんよ」
「貴方に部下をつけようと思うのですが、どうですか?」
「部下は入りません。自分の事でいっぱいいっぱいです」
「じゃ、今まで通りでいいんですか?」
「はい。昇進はもっと売り上げを上げてからにしてください。」
こういう人もいるのです。

M子社長の写真を待ち受けにしている新入社員にも話を聞いてみました。
「君か?新社長の写真を待ち受け画面にしてるのは」
「はい、新社長可愛くありませんか?」
「なんか、アイドルの会社にいるみたいで毎日楽しいです」
「新社長は廊下ですれ違う時に声をかけてくれるんですよ。『頑張ってね』って」
「そんな日は、もう嬉しくて嬉しくて1日中ルンルン気分なんです」
こんな人が社内に何人かいるらしいのですよ(笑)

そして、営業デスクの女子社員にもインタビューしてみた。
「どう、忙しい?」「はい。営業の面倒見るのは大変ですけど、
私の言う事は絶対だって、慕ってくれるのが嬉しいです」
「そうなんだ。新社長も OL時代は営業デスクをやっていたんだよ」
「ええっ、そうなんですか?あんな可愛い顔しているから人気者だったでしょうね」
「でもね、怒ると怖いんだよ」「ああ、私と同じです。
営業の人って子供みたいなんですもの」
「でも、君みたいに頭の切れる人じゃないとデスクは務まらないよね」
「頭が切れるかどうか分かりませんが、私、今の仕事が天職だと思っています」
「引き続きよろしくお願いしますね」「はい。よろしくお願いします」
彼女は勤続年数こそ少ないけど、営業の人間を操る術を心得ているし、
若い営業マンの先頭に立てる人材だと思う。
M子と相談して、彼女をチーフ待遇にしようと思っています。 

朝から何十人もの社員と面談した結果、経営者側では知り得ない情報も入手できたし
会社や上司への不満や愚痴も聞くことが出来た。

おそらく、会社の上層部が社員の1人1人と面談するなんて、会社始まって以来の事だろうから
古株社員は戸惑っていたけど、若手社員はM子社長と話をし、中には
「うちの会社ってこんなにフレンドリーになったんですか?」って驚いていた社員もいた。

好きな仕事なら少々の苦しい事は打破できるはず。嫌々ながらする仕事は
絶対上手くいかないと言うのが僕の考えだから、
どんな仕事でも好きになる努力をしてほしい。


明日の最終選考に向けてもう一踏ん張りだ。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ
にほんブログ村
 

0I9A858915070158white_TP_V


今日は朝から会議室が熱気に包まれている。

昨日総務から出された社員1人1人の査定資料が山のように積まれ、
M子社長と僕は、それに目を通しながら主だった社員を呼び面談をしているのです。

社員の意見も聞きたいので各部署の女子社員も呼んで個別に話しを聞いているのだけど
中には、OL時代のM子を思わせるような女性もいた。
とにかく物おじしないと言うか、言いたいことはズケズケ喋って帰る女性や
「私、副社長のファンなんです。一対一でお話しできてうれしいです。
頑張ってください」って励まされたり
「社長と副社長の代になって社内が明るくなり、仕事がやり易くなりました」とか
「私、頑張りますから、お給料も上げてください」とか自分を売り込む人、
「部長がいやらしい目で私を見るんです」とか・・・・。
全て聞いていたら気が狂うかも(笑)

社員1人1人の要望は実現できないけど、M子社長の言っている「風通しの良い会社」に
するには、個人の意見を聞かない事には何も始まらないと思うのですよ。
普段思っている事を誰かに話すことにより、気持ちがスッキリするし、
自分の意見が通らなくても、人に話すとモヤモヤが消える事もあるのです。
そういう意味では今回の個人面談は良かったのではないかと思っています。

午前中に聴取した内容を参考にして、午後から管理職候補と現役管理職との
面談を行いました。
泣きそうな顔で降格阻止を訴える人や、いきなり怒り出す人がいたり、
他の人はどうでもいいけど、自分だけは助けてほしいとか、
様々な人達を相手に面談をしたのだけど、
こんな時にこそ、その人の持っている人間性とか本性がはっきり出ますよね。

ただ、現役の管理職の全員が僕や社長よりも年上なので、
それなりに柔らかい態度で臨んだつもりなのだけど、
僕たちの言っている意味が理解できない人がいるのですよ。

きっと、口先だけで古株役員の顔色を伺いながらご機嫌取りをしていたのだろうけど、
こんな人達が今まで高い給料をもらって管理職に君臨していたのか不思議でならない。

M子社長が疲れた顔をしているので3時のコーヒータイムを・・・・。
すると、「あなた、女子社員に人気なのね。
聞こえたわよ。『私ファンなんです』って声が」
「あなた女子社員にフレンドリーすぎるわ」「えっ?それっ、ヤキモチってやつ?」
「そうよ」って笑っている。
「それなら言わせてもらいますが、社長の写真を待ち受け画面にしている社員が
いるの知ってました?」「えっ?ヤダ、誰よ」「営業の○○君」
「ええっ?そうなの?」顔を赤らめるM子社長
「で、それをね、客先で見せるんですよ」「うちの新社長ですって」
「ええっ、それは、もっと恥ずかしい」大笑いする2人

管理職の人事構想は大体煮詰まってきたのだけど、
残るは役員人事をどうするか・・・・。
会長が一言言いたそうなのだが、M子が社長室にさえ入れてくれない。
あまりにも会長が気の毒なので「会長の意見を」と言いかけたら。
「ダメよ。私達で全部決めるのよ」とM子社長は頑として言う事を聞いてくれない。

まず、役員に総務部長を推薦したのだけど、M社長も同意してくれた。
しばらくの間、総務部長を兼任してもらう事になった。
「M子社長の右腕になるような人が必要ですね」と言ったら
「あなたがいるじゃない?私の右腕はあなたよ。私から逃げるつもりなの?」
「それとも、あなた役員やる?」って
「いや、僕は役員までは・・・」「そうよ。あなたがやればいいのよ。
これで2人決まりね」「あとは今いる役員に相談するわ」
と、言う事は、僕の肩書は「取締役副社長」なの?
そんな決め方でいいのか?(-_-;)

本当は役員会を開いて全て決めればいい事なのだけど、
正月早々反乱を起こしてしまったので誰にも文句は言えない。

明日は、管理職の人事だ。
外部には漏らさないつもりだけど、きっとすぐ広まるよな・・・・。
泣く人笑う人で明日は社内が大騒ぎになるかも・・・・。

にほんブログ村 その他日記ブログ 30代男性日記へ
にほんブログ村

20151205122553


アシスタントと仕事の打ち合わせを済ませM子の会社に行くと、
いつもなら「おはようございます」、会釈する人が
「副社長おはようございます」と深々とお辞儀をされた。
皆、僕が辞めさせようとしている 古株役員にぶら下がっている人達で、
僕とM子社長の事を「あんな若い2人に何ができるんだ?」
「この会社も終わりか?」って、散々陰口を叩いていた人達なのです。

きっと、昨日のうちに会長から役員に僕の話が伝えられ
役員からそのままぶら下がり社員に話が伝わったんだろう。
自分達の身の危険を感じるとそんなに自分を変えられるのか?
カメレオンみたいな人達だね(笑)

社長室に顔を出すと、M子社長が「昨日はお疲れ様でした」
「家に帰ったら父が『お前の相棒は本当にいい男だな』って褒めてたわよ」
「あなたのこと相棒だってよ、笑っちゃったわ」
「そうなの?僕には『君とM子はいいコンビだな』って言ってたけど」
「ええっ?コンビなの?アハハハハ〜」笑い転げるM子

午後から会議室に各部署の管理職が呼ばれ、
役員の交代と管理職の選考を今月中にやる事がM子社長から発表された。
突然の発表にニンマリする顔と青ざめる顔の管理職達。

自分で言い出した事とは言え、まさか、2ヶ月も前倒しでやるなんて思わなかった。
ここでヘマをしたら会長とM子社長の顔に泥を塗ることになるから絶対失敗は許されない。
役員人事は会長と総務部長とお願いしようと思っていたのだが、
M子社長が「私がやるから手伝って」とやたら強気なのです。
役員に女性の登用も考えているらしい。

僕の所にコソコソ言い寄ってくる社員や
自分をアピールしようとする社員や、昨日まで目も合わせなかったような人が
ニコニコしながら廊下をすれ違っていく。普段からそうしてればいいのにね。

ただ、仕事ばかり出来ても、部下の面倒をみられる人じゃないと
管理職にはなれないと思うのですよ。この会社はそれが欠けていたのです。
部下の指導も出来ないのに、偉そうに踏ん反り返っているような人は
ヒラ社員からやり直してもらいます。

だから、あえて個人面談をする事にしたのです。人って話してみないと
本当の気持ちは分からないですものね。

 総務部長が、「とうとうやりましたね。最初お会いしたとき、
この人は何かやるだろうとは思っていましたが、まさか正月の仕事始めにやるとは
夢にも思いませんでした」と、笑っていた。
「私たちはお二人を陰で支える事しかできませんが、
部署全員で応援していますから思う存分人事改革をやってください」と、
中立の立場の総務部長から励まされて、M子社長も嬉しそうな顔をしていた。

明日から人事選考に入るつもりだけど、
なんかオーディションやるみたい(笑)


このページのトップヘ