カリブの日記

車の事や秩父の事を書いています。

カテゴリ:

4189210_l

秩父に映画館ができるそうです。

秩父市内にはかつて4軒の映画館がありました。
今は駐車場になってしまいましたが、番場通りにあるポケットパークは以前東映映画を中心に上映していた「昭和館」という映画館がありました。
当時の大スターだった美空ひばりや大川橋蔵主演の映画が上映されると周辺はお客さんの自転車で埋め尽くされたそうです。

そして大映映画を上映していた「中央劇場」舟木一夫の大ヒット曲「高校3年生」?「学園広場」?が上映された際には映画館前は若者達で溢れかえったそうです。

洋画専門に上映していた「革進館」秩父市長の久喜 邦康さんは、洋画の字幕を見ながら英語を勉強していたそうです。

もう1軒は明治33年開館した「国際劇場」当時は「秩父座」と言われていたそうですが、せり上がりなどを持つ本格的な芝居の常設館だったそうです。
その後映画館として松竹や日活の映画を上映していたそうです。

秩父の街に映画館がなくなり30年近く経つそうですが、時代はフィルムからビデオに変わり衛星を使えばコンサートだってライブで観ることができます。
数年前から秩父に映画館をという声はあったのですが、その声が実現されるまでには陰で尽力された方もいらっしゃいました。

仕事の都合で行けなかったのですが、一昨年に秩父シアタープロジェクトさんから「映画ヘアスプレー」の上映会を、秩父宮記念市民会館大ホールで行いますのでいらっしゃいませんか。
というお誘いを受けたことがあります。

こうした方々の声が久喜市長の元に届きフットワークの良い市長はあらゆるところに声をかけた結果、市内の上野町で複合商業施設「ウニクス」を運営するピーアンドディコンサルティング社が現在の建物を増築し、シネコンを開設するというのです。

運営はローソングループが運営する映画興行会社「ユナイテッド・シネマ」だそうですが、
この会社は、お台場や、ららぽーと豊洲・ユナイテッド・シネマとしまえん等でシネコンを運営しています。

1年後の2022年のゴールデンウイーク前には完成するそうですが、もしかして7つのスクリーンの一つで、地元を舞台にしたアニメ「あの花」が秩父へ行けばいつでも観られるかも知れません。
そうすれば、またアニメファンの観光客が増えるかも知れませんよね。

僕はよそ者だし全くの部外者だけど、秩父へ行くと多くの人から「映画館があるといい」と言う声を、たくさん聞いていたので今回の事は物凄く嬉しいです。

来年になれば映画を観るために、秩父から池袋や川越まで出掛けなくなくても、
新作映画が観られるようになりますね。

秩父の映画ファンの皆さん。おめでとうございます。

テレビの旅番組やバラエティー番組で取り上げられ人気沸騰中の埼玉県秩父市。
観光ガイドには載っていない秩父を紹介します。

東京から電車で1時間半あまり、埼玉県秩父市は人口6万3千人ののどかな街です。
明治中期から昭和にかけ養蚕や絹織物が盛んでしたが
時代の流れと共に豊富な自然や古い町並みをモチーフにした
観光の街へとその姿を変えて行ったのです。

あの花ポスター
(c)ANOHANA PROJECT

そんな秩父の観光を後押ししたのは地元を舞台にした1本のテレビアニメでした。
「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」通称「あの花」と呼ばれ
放送が始まると深夜番組にもかかわらず、多くのアニメファンに感動を与えたのです。

そして、アニメの舞台が秩父だと知れ渡ると瞬く間に大勢のアニメファンが
秩父を訪れるようになったのです。
週末になると街ではイベントも数多く行われ、その様子は全国に放送され、街中が
あの花一色に湧きました。
そう、秩父はアニメの聖地として全国規模になったのです。

あれから10年。時代は流れているけど、街の景色は少しも変わっていません。
街を歩いていると大きなキャリーバックを引いた
アニメファンの姿を目にすることも珍しくありません。

EFxFScUU8AEKdyI
旧秩父橋
 
アニメファンに人気なのが「旧秩父橋」。

昭和6年5月に竣工した鉄筋コンクリート造りの三連アーチ橋で、
橋長134.6m、幅員6m、現在は橋上公園として利用されています。
県内では初期の大型コンクリートアーチ橋で、貴重な近代化遺産の遺構なのです。
切石積構造となっているそうです。(秩父市 HPより一部引用)


EGLr41vUEAEMO0P
 橋の上から見えるセメント工場。

あの花の主題歌のプロモビデオは橋の上からこの風景をバックに撮影されました。

EGLqDK1U0AErGgoあの花ファンなお馴染みの橋の下

アニメで町おこしに成功した例は珍しくありませんが、秩父はその代表なのかも知れません。
秩父は、2次元の世界と現実とが交差する不思議な街なのです。


EHSLni-UYAAvjjm
武甲山 

標高1304m日本二百名山の一つに数えられる「武甲山」市内のどこからでも見る事が出来ます。
セメントの原料となる石灰岩で出来た山です。
この山の石灰岩は関東の50%、国内の5%あまりのセメント材料として使われています。

毎日12時30分になると山を切り崩すダイナマイトの爆破音が今日も鳴り響く秩父の街。
東京の発展の為、国の経済の為と言われ続け、一時期は福島復興の為とも言われた時期が
あったそうです。秩父のセメントが東京のビル群を作ったという誇りみたいな言葉により
神の山と言われた武甲山は爆破によりその姿を日々変えています。

EFeEZwYU4AEosog
音楽寺
 
秩父にはたくさんのお寺があります。僕の好きなお寺の一つに「音楽寺」という
ちょっと変わった名前のお寺があります。秩父駅前通りから秩父橋を渡り、クラッシュ跡が生々しいコーナーだらけの急坂を登り終えると右手に見えくるのが音楽寺です。

名前からして音楽の方や演歌歌手のがヒット祈願の為に訪れるそうですが
境内の一角には見知らぬ歌手さん?のポスターや願い事の書かれているコーナーがあります。

no title
秩父橋

音楽寺を出てしばらく進むと右手に「秩父ミューズパーク」が現れます。
ここには音楽堂・野外ステージ、ミューズの泉、大庭園などの芸術・文化施設、
多彩なスポーツ施設があり、魅力いっぱいの四季折々の自然が楽しめます。
秩父の人達にとって憩いの場なのかも知れません。


IMG_1177
屋外ステージ

IMG_1181
銀杏並木

ここのお気に入りは、全長3キロにも及ぶスカイロードと呼ばれている銀杏並木
秋になると黄金色に光り輝く銀杏を見ることが出来ます。
ちなみにここには約500本の銀杏の木が植えられているそうです。

EFUwJ5NU4AAjewt
道の駅「芦ヶ久保」

秩父へは車で行くことが多いのですが、関越道の川越で降り国道16号線から
299号線で正丸峠を越え秩父へ入ります。
そして、秩父へ入る直前にある道の駅「芦ヶ久保」で休憩をします。

この299号線はワイディングロードをいかにエンジンブレーキだけで走り抜けられるか
なんて馬鹿な事もやったことがありますが、バイク乗りの方にはたまらないコースかと
思います。

EjpmaKaXgAQQ619
      今宮神社の大木       



EHCnREkUUAAA6AR
今宮神社のお稲荷さん

秩父市内にもパワースポットがあるのをご存知でしたか?
市内の上町と言う所にある「今宮神社」樹齢1000年とも言われる大木が出迎えてくれます。
そして、神社に一歩足を踏み入れると、街の騒音が消え、なぜか心が落ち着く
というか、不思議な気持ちにしてくれるのです。

今宮神社には秩父最古の泉「龍神池」より湧き出る「武甲山の伏流水」があります。
環境省による「平成の名水百選」に選定されました。
また、 毎年4月4日の水分祭ではこのお水を秩父神社に授与し御田植祭に用いられます。
 
EK1S4WnUEAAhjRY
みそポテト


秩父の B級グルメと言われている「みそポテト」ジャガイモを揚げて甘味噌を絡めた物なのですが
これが美味しいのですよ。
道の駅や食べ物屋さんでも売られていますが、僕は地元の方向けに売られているのをスーパーで
買います。(東町のスーパーベルク)価格も安いし味も地元本来の味のような気がします。

ElL4ru-UcAA6sPH
蕎麦
秩父には日本蕎麦屋さんが数多くあります。
僕の好きなのはくるみ蕎麦なのですが、寒い時には温かい月見蕎麦だったりします。
ほとんどのお蕎麦屋さんは手打ち蕎麦なのですが、お店によって微妙に味に違いががあるのも
日本蕎麦がお好きな方にはたまらないかも知れません。
僕の一番のお気に入りは秩父鉄道の御花畑駅構内の立ち食い蕎麦屋さんです(^◇^;)


EOIVB4IUEAAHN-X
ちちぶの水
最後にご紹介するのはちちぶの水です。
国道140線沿いにある「道の駅秩父」の一角にある「ちちぶの水」
7~19時の間(冬期は8~17時)大量の水が勢いよく溢れ出ています。

荒川の支流・浦山川と橋立川から取水し、通常の浄水場では薬品による
「急速濾過」ですが、ここでは微生物や砂利などを使った「緩速濾過」をしているそうなのです。

この水をペットボトルに詰めて持ち帰り、コーヒーをたてて飲んだことがあるのですが、
ミネラルを適度に含んでいると言われているその味は、スッキリしているのにコクがあり
別物のコーヒーのような気がしました。
こんな美味しい水が水道水なのだそうです。

秩父の人はフレンドリー方が多いです。
レンタサイクルを借りて街を走り回っていると
すれ違いざまに「こんにちわ」と声をかけてくれる方が多いのに驚きました。
まあね、レンタサイクルに乗っていれば観光客丸出しですが(笑)

そして、お店でお土産のお酒を選んでいると「こっちが甘口でこっちが辛口ですよ」と
店員さんでもないの教えてくれたり(笑)

もしかして、官民一体で観光客を歓迎しているのでしょうか。
秩父の方は皆さん優しいです。

今年は新型コロナウィルスの影響で日本3大曳山祭りに数えられる「秩父夜祭り」も
規模縮小で山車の巡行は見られませんでしたが、2021年は是非とも秩父屋台囃子に乗って
街中を引き廻される勇壮な山車を見たいと思うのは僕だけではないと思います。

と、言うことで少しだけ秩父のことを書いてきましたが、
もっと、詳しく秩父についてお知りになりたい方は下記にアクセスしてください。
そして、いつもとは違う空気を吸いに秩父へ行かれてください。

秩父観光協会
秩父地域おもてなし観光公社

IMG_7042 

12月3日、明日は秩父が年に1度大盛り上がりする秩父夜祭です。

ところが、今年は新型コロナの影響で大幅に縮小され,山車の巡行はないそうです。
知り合いの方から花火の打ち上げだけはあるとの情報はだいぶ前から聞いてはいましたが、
山車巡行がなかったらただの花火大会じゃないですか?

でも、せめて、どこかで秩父屋台囃子の実演くらいはやる?
屋台囃子の音色だけでも聴きたいし秩父の人達にも会いたいよ・・・。
いろんな思いが頭の中を駆け巡り、行こうか行くまいか散々迷いました。

でも、今年は秩父に行くのを断念しました。
と、言うのも、ここの所、コロナ感染者の数はうなぎのぼりなのです。
行けば僕の事を知っている人は喜んでくれるかも知れないけど、こんな時期に
秩父に行っても迷惑ですよね。

ところが、YouTubedeの「秩父おもてなし TV」で花火の打ち上げを
生配信をしてくれるそうなのですよ。
秩父大好きな皆さんや秩父夜祭ファンの皆さんも是非ご覧ください。
(花火は12月3日19時半頃より打ち上げ予定だそうです)

なお、今回の花火はキャノン株式会社、キャノン電子株式会社、秩父観光協会の
協賛により開催されるそうです。

太っ腹?のキャノン及び関連会社さんに感謝感謝です。 


IMG_1406

三峯山神社は三峰山の標高約1100mのところに鎮座しており、霊験あらたかな感じをうける。
創始は日本武尊(やまとたけるのみこと)と伝わり、
伊弉諾命(いざなぎのみこと)、伊弉冉命(いざなみのみこと)の二神をまつる。
江戸時代、眷族のお犬さまことオオカミの霊力(盗難よけ、火難よけ)が
信仰され、10万石の格式をもつ霊地として栄えた。(以上秩父観光協会HPより)

 そんな三峯山神社へ行ってきました。
秩父市内から車を走らせる事1時間、市内を外れる頃には道幅も狭くなり
カーブの先から突如現れるダンプカーとすれ違うのも怖いほど道幅は狭くなり
これからの季節は冬用タイヤを装着しなければ道路が凍結して怖くて走れないかも知れません。

IMG_1398
いつもなら霧に霞む山々も秋の太陽に照らされくっきりと見える。



IMG_1400
駐車場を抜け一歩山道に入ると、身が引き締まるというか凛とした不思議な気持ちに
させてくれます。
山に向かって左が雲取山へ向かう登山道で神社は左側へ行きます。

IMG_1403
駐車場で520円の料金を払い参道を歩くと何軒かのお土産屋さんがあります。
軒に吊るされた干し柿が見事です。

IMG_1409
古い交番がありました。

IMG_1412
平日ということもあり参拝客の数は少なかったけど
休日はかなりの人出があるそうです。

IMG_1420

IMG_1413
樹齢800年とも言われている三峯神社の御神木です。
この御神木こそがパワーの源となり参拝者に気を与えてくれるのです

IMG_1414


IMG_1442



















「どうか私に気をお与えください」気のお守りを授かり
帰路に着く頃にはスッキリとした気持ちに
慣れたような気がしました。

気のせいかもしれないけど、人間の気持ちなんてそれでいいと思う。
自分が満足すればそれでいいではありませんか。

お参りした事により自分が少しでも元気になれればそれでいい。
困った時の神頼みなんて言う人もいますが、自分がそれで満足できれば
それでいいのですよ。

少しばかり疲れ気味の自分にとって、
関東屈指と言われているパワースポットと言われている三峯神社を訪れて
どんな疲れに効く薬を飲むよりも
効果があったと思います。

IMG_1293
市内に入る手前にある羊山から見た市内


 秋・銀杏というキーワードを聞くと子役をやっていた頃、神宮外苑の銀杏並木の
黄金色一色の絨毯のような 中で何のドラマか忘れたけど、馬跳び?をやったことがあります。
一時はそのシーンが話題になり雑誌のインタビューを受けたり銀杏の木の下で
馬跳びをするのが流行ったそうです。

ま、そんなこともあり、秋になると神宮の銀杏を見にいくのが毎年楽しみだったのです。
ところが、僕の大好きな秩父にも銀杏並木があるらしいのです。
 
ツイッターのフォロワーさんからミューズパークの銀杏の葉が色づき始めた
という情報を得て、ある日秩父に行ってみました。
 
関越自動車道を川越で降り国道299号線に入りワイディングロードをひたすら秩父に向けて
走る。
もう何十回も走っているはずなのにいつも新鮮に感じる不思議な道路です。
最近この道路でスピードの取り締まりをやっているらしいのですが、
どの辺なのか見当もつかず走っているのですが、おそらく平日の取り締まりは
ないのではないかと勝手に想像しています。

IMG_1289
「道の駅 芦ヶ久保」ここまでくると秩父は目の前です。
秩父の紅葉には少し早そうですが、秩父ミューズパークにある銀杏並木は約3キロに渡る
長い並木だそうなのですが、これだけ秩父に通っているのに
一度も行ったことのないおかしな人です。 

IMG_1309 IMG_1300

IMG_1295

IMG_1312




               

 

このページのトップヘ