カリブの日記

車の事や秩父の事を書いています。

2020年02月

saito_chiharu05
転載元:https://www.news-postseven.com/archives/20200105_1518343.html

斎藤ちはる(22)?誰?

乃木坂ファンならご存じだと思いますが、元乃木坂46のメンバーだった斎藤ちはるさんです。

2018年5月20日に、21歳の時に7年半在籍した乃木坂46からの卒業を発表。


卒業発表の場では、いつも支えてくれた両親・家族への感謝の言葉を述べ、今後は乃木坂46として活動する中で見つけた1つの夢に向かって、第2の人生を「私らしく前向きに頑張りたい」と語っていました。

その1つの夢というのはアナウンサーだったんですね。

2019年4月テレビ朝日にアナウンサーとして入社。

ところが、テレビ朝日の情報番組『羽鳥慎一モーニングショー』のアシスタントに抜擢され、入社当日の朝、モーニングショーに出演し、朝10時に番組が終わってから入社式に出席という、テレ朝始まって以来の最速アナウンサーデビューをしたのです。

「羽鳥慎一モーニングショー」(毎週月~金曜朝8:00-9:55、テレビ朝日系列)は羽鳥慎一さんがメインキャスターを務める情報番組ですが、2017年から2019年まで朝の情報番組としては3年連続の年間民放トップ視聴率のお化け番組です。そんな高視聴率の番組のアシスタントとして、入社当日から新人アナウンサーを出演させるとは思い切りのいいテレ朝上層部なのですが、

テレ朝はこの手のやり方はかなり好きらしく、現在フリーアナとなった宇賀なつみさんも入社当日の夜から「報道ステーション」のお天気コーナーを担当させた過去があります。

で、斎藤ちはるさんの初日の放送なのですが、いくら元乃木坂メンバーだったとはいえ、歌番組でもバラエティでもなく、初めての情報番組の生放送に出演して
さぞかし嚙み噛みでしゃべるのかと思いきや、堂々とあいさつを終え、もう何年もモーニングショーのアシスタントをしているかのような雰囲気を観て、その度胸の良さに唖然としました。
 
4月に番組に加わってから10ヶ月経ちますが、決して出しゃばることもなく話を振られれば、どんな話題にも躊躇なく発言のできる頭の回転のよさは誰にでも出来る事ではありません。

番組の中では伝統を守り、次の世代へ引き継ぐべく奮闘する輝く女性に密着レポートする「継ぐ女神」というコーナーを担当していますが、大好きな自前のカメラを持ち、被写体を捕えながらのレポートは、とても新人アナとは思えません。


そして、番組の生命線でもある視聴率も斎藤さんに代わってから少しずつ上向いているというのです。

毎日観ている番組の出演者が変わる場合、よほど人気のある人物に代わらないと
視聴者側が違和感を覚え視聴率はさがる傾向にあると言われていますが、視聴者の大部分を占める主婦層にも新人アナの斎藤さんは受け入れられているようです。
乃木坂時代の斎藤さんは、前に出よう前に出ようと思っても、なかなか前に出られなかったと言っていますが、今は前に出ようとして肩肘を張らなくとも、本来持っている今の自分を出せているのが一番いいのかも知れません。

元アイドル出身とはいえ、明らかにその域を抜け出し、決して元アイドルだったことを引きずらずに1人のアナウンサーとして第二の人生を歩みだした今後が楽しみです。

そうそう、斎藤ちはるさんが初めてのお給料で「ディズニー2パーク年間パスポート」を購入したそうです。

これで、斎藤さんは通称「年パ持ち」の仲間入りです。
(ディズニーファン2月号より)

俳優の東出昌大さんが不倫問題でボコボコに叩かれています。

それにしても、週刊誌やネット記事は東出さんの俳優生命を奪うかのように
連日「離婚しろ引退しろ」と言わんばかりに言いたい放題の記事を書いています。
ご本人達も認めているように、事実なのは間違いないようなので、
もういいではありませんか?





杏・東出昌大夫妻が別居していた 文春砲が炸裂した でも書いたようにまるで
殺人事件でも起こしたかのようです。

力のあるJ事務所のような所なら、こんな記事は簡単に封じ込めるのでしょうが、
残念ながら東出さんの事務所には潰すだけの力はないようです。

で、ターゲットにされている東出さんは自宅へ帰れないのは勿論ですが、
マスコミを避け転々と居場所を変えているようで、時には車中泊なんてことも
やっているとか噂されています。

いっそのこと海外へでも逃げればいいのでしょうが、ドラマ「ケイジとケンジ」の
撮影中なのでそうもいかないし、ご本人はかなり参っているようです。

でも、いくら商売とは言え「早く離婚しろよ」「引退しろよ」と言わんばかりの報道は
どうなんでしょうね。

この手の騒ぎでいつも思うのは不倫なんて夫婦間の問題であり、
他人がとやかく言う問題ではないと思うのです。

芸能人だからいいじゃない?面白おかしく書けば世間から注目されるし、
週刊誌も売れるし、不倫大賛成です?

まあ、確かにそうだし、バレるような行動したご本人達の脇が甘かった
だけなのですが、ターゲットにされた人をボロボロにして
その人の俳優生命を断てばそれでいいの?でしょうか。

これって、大人のいじめですよね。

いじめにあったことのない方には分からないでしょうが、大人も子供も
いじめにあうと、勉強も手につかないし、仕事も身が入りません。

ちょっとした過ちを犯しただけで、大人も子供も猛パッシングを受け
ズタズタにされ、弱い人は自殺を図ったりする。

そうすると、今度はいじめの犯人探しが始まり、いじめの当事者が見つかると
一件落着みたいな ・・・・・。

そして、 そんないじめ問題が起きると、ご自分が正義の味方にでもなったかのように
今度はいじめた側を 徹底的に追及する。

そして、いじめた人が特定され処分されると一件落着・・・・・。

そんな繰り返しの世の中です。
今回の件は、ある俳優が9歳年下の女優と不倫関係になった。 

それだけの事です。

パッシングしている方に何か迷惑でもかかりましたか?

何度も書きますが、不倫は決していいことではありませんが、
関係者でもない人に何か迷惑がかかりましたか?

ただ、ターゲットになった人が芸能人だっただけですよね。

僕は東出さんのファンでも関係者でもないけど、一俳優としては素晴らしい
才能を持った俳優さんだと思っています。

日本の俳優さんの中では使える?俳優さんの一人だと思っています。

海外と違い本当に使える俳優さんなんて 日本には数えるくらいしかいません。
奥様やスポンサーをはじめとした関係者の皆さんが怒るのはごもっともですが、
ご自分とは何の関係もない方がパッシングするのはどうなのでしょうか。

そして、今放送中のドラマ関係者のことも考えてください。

「お前はちょっと考え方がおかしいよ 」と、思われるような書き方をしてしまいましたが
一俳優を潰したくないのもそうだし、連日ドラマ撮影に従事している共演者や
監督さんをはじめとする大勢のスタッフの皆さんのモチベーションを下げさせたく
ないだけです。

現実的にこの問題を終わらせるには、週刊誌ネタになる次のターゲットが出てくるのを
待つだけなのでしょうか。 と思っていたら、

 文春がまたまた俳優さん同士の不倫をスクープ。
鈴木杏樹さんと喜多村なんとかさんとか言う役者さんが不倫をしたと言うのです。

ところが、鈴木杏樹さんの所属事務所がマスコミに待ったをかけ、
報道を統制しているのでテレビ局なんてコメンテーターと言われる人達が
いいことばっか言ってる。

そんな訳で、いつまでたっても東出さん問題が収束しません。

人間の世界には男と女しかいません。
そんな男と女がある日関係を持ってしまった。
それが、男優と女優だっただけで、不思議でもなんでもありません。

それを面白おかしく書き、世間を騒がせ、夫婦関係を壊して喜んでいるとしか
思えません。

今回の件で一つハッキリしたのは、力のない芸能プロに所属している人達の事は
叩きたい放題叩き、力のある事務所に所属している人達の事は
叩けないことがハッキリしました。

そして、力のある事務所とマネージメント契約をすれば
不祥事を起こしても事務所がちゃんと守ってくれることもハッキリしました。

週刊誌も世間も、言い逃れのできない弱い人を叩くのはもうヤメにしましょうよ。

b0d7fe9234541b0255fed5e3983b4e9a
出典:https://www.tv-asahi.co.jp/alibi/より引用

2月1日夜11時15分から放送の土曜ナイトドラマ「アリバイ崩し承ります」の
第1回放送が終わりました。

これは大山誠一郎による推理小説『アリバイ崩し承ります』を
テレビドラマ化したもので主演には浜辺美波さんが起用されています。

物語は、都心から離れた那野県のある商店街で、亡くなった祖父から受け継ぎ
時計店を一人で切り盛りする若き店主・美谷時乃(浜辺美波)。

時乃は時計修理の傍ら、一回5,000円の成功報酬で、時間や事件に関わる
アリバイ崩しを始めようとしていたのです。

そんな時乃はある日、時期はずれの異動で県警捜査一課に赴任してきた
管理官・察時美幸(安田顕)と出会うが、その時、二人の目の前で男が車に
はねられる事故を目撃してしまった。

そして、「さっき、マンションで人を殺した」と言い残し、男は意識不明になってしまった
 この男、実は有名な推理作家・奥山新一郎(丸山智己)だったのです。

奥山の言うマンションに向かった察時は、刑事・渡海雄馬(成田凌)、
係長・牧村匠(勝村政信)、検視官・樋口秀人(柄本時生)らと合流。
すると、そこには、奥山の証言通りに中島香澄(森矢カンナ)の遺体があった。

調べを進めると、時乃らの目の前で事故に遭った奥山には犯行不可能で
鉄壁のアリバイがあることが判明する。

奮闘むなしく難事件を解決できないままの察時は、こっそり、時乃にアリバイ崩しを
依頼することになる。

1回目ということもあり、これはどんなドラマでもある事なので仕方ないのですが
役者さん同士のやり取りがイマイチしっくりこないというか、
リズムに乗り切れてないというか芝居のリズムがギクシャクしていて
台詞合わせをしているようでした。

コミカルな部分もあるので余計そう感じたのかもしれませんが
コミカルな芝居って息が合わないとなかなか出来ないんですよね。

で、その中でマイペースで芝居をしていたのが主役の浜辺さんです。
彼女のすごい所は時代劇であろうが現代劇であろうが、その役にピタッと収まるのも
すごいけど、相手がどんな人であろうと決して物怖じしないで普通に
芝居をするのです。

この辺が同世代の女優さん達との大きな違いです。
若いのに何かどっしりと落ち着いているのかと思えば、そうではなく
普通の女の子の素顔も出せるし、不思議な魅力の持ち主なのです。

第1回放送の視聴率は5.2%だったそうです。
ゴールデンタイムなら12%が大体の合格点ですが、深夜帯にこの数字を
叩き出したということは番宣効果があったのかも知れませんが
根強い人気を持つ察時美幸役の安田顕さんの人気と女性にも大人気の
浜辺さんのキャスティングの現われかも知れません。

そして、2回目以降はお互いの息も合ってきて芝居の間(ま)も計算できるので
もっとテンポのある芝居が観られると思います。

土曜ナイトドラマ「アリバイ崩し承ります」は毎週土曜日午後11時15分からです。

このページのトップヘ