カリブの日記

車の事や秩父の事を書いています。

2019年04月

昨年12月にNGT48の山口真帆さんがファンの男性から暴行をうけた事件。
犯人とされるファンが不起訴処分にされたことから穏便に済ませたい運営側
それに対して、被害を受けた当事者の山口真帆さんは
事件の事さえなかった事にしようとする運営側との間に大きな溝が出来てしまい、
今月21日の劇場公演でNGT48を卒業することを発表しました。

その中で、ファンに向けてメッセージを読み上げました。

「私、山口真帆はNGT48を卒業します。
きょうはちゃんと紙に書いてきたので、皆さんへ今まで黙っていた思いを
言いたいと思います。

私はアイドル、そしてこのグループが大好きでした。
だからこそこのグループに変わってほしかったし、自分がつらかったからこそ、
大切な仲間たちに同じ思いをしてほしくないと
すべてを捨てる覚悟でとった行動でした。

事件のことを発信した際、社長には不起訴になった、事件じゃないと言われ、
今は会社を攻撃する加害者だとまで言われていますが、ただメンバーを守りたい、
まじめに活動したい、健全なアイドル活動ができる場所であってほしかっただけで、
何をしても不問なこのグループに、もうここには私がアイドルをできる居場所は
なくなってしまいました。

目をそらしてはいけない問題に対して、そらさないならやめろ、
新生NGT48は始められないというのがこのグループの答えでした。
この環境を変えなければまた同じことが繰り返されると思い、
きょうまでずっと耐えて最善をつくしましたが、
私にできたことはほんのわずかなことでした。

私には人の命より大切なものがなにかは分かりません。
大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になって
ほしいと心から願っています。

そして私がこうして世間に発信してからも、寄り添ってくれたのは、
玲奈(長谷川玲奈)とりこ(菅原りこ)ともふ(村雲颯香)でした。
みんなの今後が決まったらこの発表をすると決めていました。
いまの私にNGT48のためにできることは卒業しかありません。

ファンの皆さまには本当に申し訳ないと思っています。
たくさんの方が応援してくれて、私のもとには同じような
被害にあった方からもメッセージが寄せられ、
私をみて勇気や元気が出たとおっしゃってくださる方もいました。

ですが結果的にこのような形になってしまったこと、
その方たちの希望もなくしてしまった
のではないかと、とても申し訳ない思いでいっぱいです。

正しいことをしている人が報われない世の中でも、
正しいことをしている人が損をしてしまう世の中であってはいけないと
私は思います。

たくさんの方が私のために自分の時間を削って
私のことを支えてくれました。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今後は皆さんご自身のために楽しいことに時間を使い、
幸せになってほしいです。
皆さんが私に幸せになってほしいと願ってくれたように、
私もそう願っています。

そして、私をいままで支えてくださったファンの皆さん、
このような形で卒業することになってしまい、
本当に申し訳ありません。

以前のように歌って踊って毎週のように握手会があって、
お互いにまたねって言いあいたいのですが、
5月5日と6日の握手会で最後の握手会になります。
今までお休みをさせていただいていた握手会も
そこで振り替えをさせていただきます。

そこで、「またね」の続きができたらうれしいなと思います。
そこでは一緒に夢の話をしましょう。

そして最終活動日は、れなとりこと一緒に5月18日の
卒業公演になります。
けができょうの公演に出られていなかったりこと
リハビリをがんばって、またステージで笑顔で今度は夢に向かって
歩いていく姿を皆さんに見せられることができたらうれしいです。

私がこれからできることは、いまの苦しい姿ではなくて、
笑顔で幸せな姿をみせて、皆さんに元気を与えることだと思います。

皆さんが私を助けてくれたように、私も困っている人に手をさしのべられる
人でありたいなと思います。
一人の人としてまた皆さんに愛してもらえるように、がんばります。

そして今回のことで、私はNGT48にならなきゃよかったんじゃないかって
思うこともありました。だけどやっぱりこうしてみんなとステージに立って、
みんなで公演をしてファンの方に声援をいただいて、メンバーのみんなや
ファンの皆さんと出会えたことが幸せです。
NGT48になってよかったなと思います。

メンバーのみんなにもファンの皆さんにもこれからの人生まっすぐ生きて、
みんなには笑顔で笑っていてほしいなと思います。
残り1カ月もありませんが、最後まで1人の人としても、
NGT48として皆さんに今度は笑顔でまたお会いできたら
うれしいなと思っています。
あと少しの間ですが、どうぞよろしくお願いします」


この報道を地元ローカル局の女子アナさんは泣きながら伝えたと言います。
NGT48はそれほど地元で愛されていたのですよ。
それなのに、事件はなかった事にしろとか、問題から目を反らせないのなら
辞めろだとか、そんな理不尽な考えは誰が聞いても納得いかないでしょう?

それを言うなら、もっと早く手を打って事件の収集にあたるべきだったのでは
なかったのか。
全て後手後手の対応だからファンにもマスコミにも叩かれ、挙げ句の果ては
県やそれに纏わる公共との契約も保留になり、マスコットガールとして扱っていた
企業も打ち切りを決めた現実を、どう思っているのでしょうか。

結局、被害者の山口真帆さんがグループを辞めなければいけないなくなって、
終結?????。(運営会社は、「やっと辞めてくれたか」だろうけど)

今回の件はNGT48のメーンバーの中に犯人グループと通じている人物が
いるとかいないとか言われていますが、確たる証拠でもない限り、
それを言うのはどうかと思いますが、今回の件は事態を収拾できなかったこと、
そして、山口真帆さんを抑えられなかった運営側の力のなさというか
危機管理の甘さと言うか一般常識に欠けているというか、
言い出したら止まらないほど機能が停止している運営会社です。
社長を交代させたって頭のすげ替えだけじゃ何も変わりません。

そして、秋元康さんがダンマリを決めて、なんのコメントを出さないと騒いでる方も
いるようですが、秋元さんはコメントする立場ではないそうです。
当然心配はしているでしょうが、一連の問題はあくまで運営側の
問題であり、口出しする立場ではないようです。
一部報道では秋元さんが逃げ回っているかのような報道もされていますが、
秋元さんが口をひらけばそれに対して難グセをつけられるのはわかり切っている事であり
何のコメントも出さないのは正解だと思います。

いづれにしても今回の件は大本萌景さんの自殺問題でも書いたように、
大人達の無責任さと言うかずるさと言うか、とても、親御さんたちの大事な大事な
子供を預かって仕事をしている会社とは思えません。
女の子を飯の種にするのならもっと人としての勉強をし直さないと今の世の中では
通用しません。

女の子だからと上から押さえつけようとしても、必ずどこかに穴が空き、
山口真帆さんのように飛び出してしまう人がいるのです。

でも、今の状態をみていると「正義より悪が勝つ」かのように見えてしまいます。
運営側の認識は「大きなお世話だ。世間は黙っていろ」なのだろうけど
誰が見てもそう見えてしまいます。
いまは暴行事件の犯行がどうのこうのより、運営側の問題の方が大きくなっています。

世間から叩かれようやく暴行したとされるファンに対し民事訴訟を起こすとか
言っているようですが、これも後手後手の行動です。
うわべだけの、形式だけの行動を起こしても、ファンや世間の心には届きません。

「人の噂も七十五日」ということわざがありますが、
NGT48が事件の風化するのを待っているのだとしたら、
ファンや世間を甘く見ているのだとしたら、事件の噂が風化する前に
ご自分達が風化してしまうかも知れません。

暴行された被害者に謝罪させる事自体が間違っているし
「正義より悪が勝つ」なんてことは絶対あってはなりません。

人はこの世に生まれた時は皆同じだったのに、成長していく過程で、
どこか誤った生き方をしてしまう人もいるのです。

今日の主人公は元ヤクザのタカシ。
社会復帰を目指していた頑張っていたのに、うつ病になり、
生活保護を受けることに、そして、突然の逮捕されてしまう。どうして・・・・。

ヤクザを辞めたばかりのタカシは人生をやり直そうと、
「罪人の友」という教会に駆け込んできた。

実は、この教会、行き場のない人達を受け入れ、
社会復帰のための支援を続けているのですが、
牧師をしている進藤龍也さんも元ヤクザだったのです。

そして、タカシをサポートしているのは やはり元ヤクザの遊佐学。
その学が、教会に一緒に住み込み、タカシの面倒を見ているのです。

タカシは17歳の時、岩手から2万円を手に上京し、
ナンパして女の子の家に泊まらせてもらったり、ホストをしたり
歌舞伎町を根城に生活していたが、かっこよさに憧れヤクザの世界へ・・・。
薬物売買に手を染めたこともあった。

その間に子供も生まれた。でも、その子が3歳の頃彼女と別れてしまい、
その後は子供の顔も見ていない。
子供にも会いたいけど何処にいるのかさえ分からないという。

皆に見守られながら社会性を取り戻そうとするタカシは真っ当に働きたいと、
職業訓練学校に通い始め、1人立ちしたいと、牧師の母親の口利きで
アパートも借りられた。

学校に通う内、ある日、クラスの女の子と仲良くなり、外で会う約束をした。
しかし、約束の時間になっても彼女は待ち合わせ場所に現れなかった。

彼女は父親から会いに行くなと叱られたという。
タカシは自分は元ヤクザだったと彼女に話してしまったらしいのです。
電話口からは彼女を怒鳴る父親の声が聞こえてきたという。

いくらまともに生きようとしても、ヤクザだったという過去から逃れるのは
並大抵のことではないようです。

でも、そんなタカシを受け入れてくれる介護施設があるというのです。
往復4時間かけて就職先に通勤し始めたタカシ。

介護を受ける人達と冗談を言い合ったり、
周囲のスタッフ達ともコミュニケーションが取れるようになった。
それはそれで上手くいくように見えていたのですが、

働き始めて3ヶ月、タカシは仕事にいかなくなってしまったのです。
自分の部屋に閉じこもり、誰とも連絡を取らなくなったのです。

カメラが部屋に入ると、「自分に昼間の仕事は合わない」と言い出したのです。
部屋のカーテンも開けず薄暗い部屋で寝たり起きたりの生活。

タカシはうつ病になり、薬漬けの毎日で朝起きられないというのです。
そして、学達と一緒に生活していた頃が懐かしいとも・・・・。

そして、昨年11月タカシは麻薬取締り法違反で逮捕されてしまったのです。

執行猶予判決になり警察署から出てくるタカシのそばには実家に帰っていた
学が付き添っていました。
タカシは、学と生活していくという・・・・。
それにしても、この学という人、なんていい人なんだろう。

人は1人では生きていけないと言います。
確かに、それは間違っていないと思うけど、他人様に頼らず1人で生きていくことは
さほど難しい事ではないと思うのだけど・・・・・。

元ヤクザであろうとなかろうと、そんなことは関係なく
真っ当に生きていけるはずです。

もし、その人が持って生まれた弱さがそうさせているのなら、
強くなる努力をすればいいし、他人様に甘えることも時には必要だけど、
幼い頃両親が離婚したからなんて言い訳は通用しないし、
理由にもならない、ただの逃げとしか思えないのですよ。

古い考え方かもしれないけど、「男の子は強くなくちゃ」ダメでしょう?

他人様の事だから、大きなお世話かもしれないけど、
生まれた時は皆同じ赤ん坊だったのです。

そこから羽ばたく人、羽ばたけなかった人それぞれだけど、
羽ばたけなかったら、羽ばたく努力をすれば羽ばたけるはずです。

僕の家の近くにもあちらの稼業を何十年もやっていた人がいます。
その人はある警察関係者からの勧めで国家試験に挑戦し
無事試験をクリアし、今では小さいながらも会社を立ち上げ社長さんになっています。
昔あちらの稼業をやってたとはとても思えません。

後で話していたけど「勉強のべの字もやったことがなかったので本当に辛かった」って言ってた。
でも、やれば出来るのですよ。努力なんてどこまでやれば努力なのか分からないけど
夢?目標を?を持ってさえいればやり遂げられると思うのですよ。

今日の主人公も、自分の弱さがこんな行動をさせているのかも知れないけど
本当に真っ当に生きたいのなら、挫折を繰り返しながらでも、
自分に強くなる努力をすれば、きっと1人立ちできるはずです。

このページのトップヘ