1315074

煽り運転(あおり運転)とは:前方又は後方の車を執拗に追い回したり、
威嚇したりする行為。

最近クローズアップされているあおり運転と言われている行為。

 某動画サイトではあおり運転動画が毎日のように更新されています。
煽られてよほど悔しかったのか、煽った車の車両ナンバーまで
ハッキリ映し出されている動画もあります。

そして、怖いのは煽った車の車両ナンバーをリストにして公開している
サイトがあるとかないとか。

先日の常磐道で起きた煽り運転から傷害事件に発展した事件後は
360度撮影できるドラレコが売れすぎ、今では生産が追いつかず、
発売はいつになるか分からないと、うれしい悲鳴を上げているメーカーさんもあるそうです。

でも、ちょっと待ってください。

あおり運転は絶対やってはいけない行為ですが、その前に、なぜ、
そんな状況になったのか考えたことがありますか?

道を歩いていて肩が触れたとか、目と目が合っただけで睨まれたと勘違いし
因縁をつけてくる人がいますよね。
あおり運転もそれに近いような気がするのです。

何か原因がなければ、いきなりあおり行為を受ける事はないような気がするのですよ。

高速道路で煽り運転をした本人の供述で一番多いのが、前の車がどかなかった、
パッシングしたら、急ブレーキを踏まれたとか言うのです。

おそらく、高速道路の追い越し車線を「制限速度で走って何が悪いんだ」と
言わんばかりに、後ろに車が近づいているのにハンドルにしがみついて走っている
車ではないでしょうか。パッシングに驚き思わずブレーキを踏んだ?
普通に考えて、パッシングされてブレーキを踏む事自体信じられませんが、
相手にしてみたら、嫌がらせされていると思いますよね。

追い越し車線を走行中に後続車が見えたら進路を譲るのは世界の常識です。

世の中には、あえて法定速度より早く走りたい人もいるだろうし、
トイレに行きたいとか何かの理由で急いでいるかも知れません。
それに、いつまでも追い越し車線を走り続ける事自体が法令違反です。

ちなみに、警察の車が通行帯区分違反の車を追尾の距離は 1キロとか 1.5キロとか
言われていますが、走行車線に戻れるのに戻らず、後続車の進路をふさぐようなスピードで
追越車線を走り続けている車は、距離等関係なく1km以下でも取締りの対象になるそうです。


とのことなので、追越が終わったら速やかに走行車線に戻る。
これさえできていればあおられる危険性はぐっと低くなると言えそうです。
追い越しが終わったら速やかに走行車線に戻らないと、あおられる前に、
パトカーに捕まってしまうかも知れません。

一般道ですと、流れに沿って走れない車、やたらブレーキばかり踏むアクセルワークの
下手なドライバーとか、いきなり横道から飛び出してくる、安全確認の出来ない人とか、
急な割り込みをして後ろの車に急ブレーキを踏ませる車。自分の運転を上手いと思っているのでしょうが、周囲に迷惑をかけている大バカ者です。

ヘッドライトを上向きのままにした車も煽られる対象になるかも知れません。
だって、後ろからヘッドライトを上向きのままついてこられたら、本人にその気がなくとも
嫌がらせされていると思いますよね。(安価なHIDを対策なしに点灯させている方は要注意)

そして、社外品のマフラーをつけ排気音ばかり煩い、
「音だけ車」も対象になるかも知れません。

こんな車に限って直線道路ではやたらスピードを上げるくせに、
コーナーに差し掛かると、ブレーキを踏みっぱなしで急に遅くなる、
エンジンブレーキの使い方も知らない人。
そんな車の後ろを走っていると、イライラしますよね。

減速する時はエンジンブレーキを使い、フットブレーキは車を停める時に使うよう
教習所で教わりませんでしたか?と言いたくなります。

そうそう、内容が重複しますが以前書いたように女性ドライバーに意地悪して煽る人が
結構多いそうです。

こんなことを書いていると、あおられる人が悪いと思もわれそうですが、
そうではなく、煽られる前にあおりの対象にならないようにするには、
という趣旨で書いています。

道路は自分だけのものではないし、色々な性格の人が車を走らせています。

とにかく、他車に迷惑をかけずに周囲の状況に合わせて
車を走らせていれば悲惨な状況には遭遇しないと思うのです。

個人的に思うのは、煽り行為をしたドライバーは免許取り消しにしても
いいと思うのですよ。
その位の罰則を設けないと煽り行為はなくならないと思うのです。

だって、煽り運転がこんなに世の中で騒がれているのに、
動画投稿サイトには最近起きたと思われる煽り運転動画が
毎日のように投稿されています。

昔「せまい日本そんなに急いでどこへ行く」という交通標語があったそうですが、
どこへ行こうと大きなお世話ですが、道路には速い車、遅い車が
入り混じって走っています。

あおられる車は何か原因があるはずです。(全てではないと思いますが)
もしかして、あおられる原因は車の走らせ方にあるのかも知れません。

そして、一時期の感情であおり運転をしたとしても、多くの車にドライブレコーダーが
付いている事を忘れてはいけません。
煽ったとしても、証拠はしっかり残っており、それなりのリスクがある事を忘れてはいけません。

ところで、前記したように、常磐道での煽運転事件後は360度撮影できる
ドライブレコーダーがバカ売れしているそうですが、
ある弁護士さんの話だと、「あおり運転をされる前の状況も撮影されているので、
被害者顔をして警察に訴え出ても、自分が不利になるリスクのある事を
忘れてはならない」と言っておりました。